即日開設可能な証券口座のありなし

証券口座開設には書類に記入をして郵送をしたのち、封筒で口座番号などが返送されます。そうすると1週間ぐらいはかかります。もう少し早くできるところでは、大和証券の口座開設は即日でできます。この場合、直接来店して開設するようになっています。

大和証券は大手証券で新興の証券会社に比して、取引手数料は高く老舗です。店内はややおごそかな雰囲気をしています。このとき、信用銘柄を取引できるように信用取引の口座にしました。

信用取引はいわば借金をして取引するもので、約30万円分をそれにあてました。次にまた30万円が入ってくる予定があったため、お金の目処はたっていました。

それからミニ株の取引もできます。ミニ株は1株200万円といった高額な株、たとえばNTTのような大型企業の株を少額から取引できるようになる仕組みです。これについても、取引をしました。

楽天証券で楽しく株式投資

一昔に較べて株式の売買手数料は大きく値下がりをしている現状において、どこの証券会社を選ぶかというのはもはや売買手数料だけで決まる時代ではないように思われます。今私は、以前は野村證券そしてSBI証券から楽天証券へと利用証券会社を変えてきました。

野村證券は手数料は高い分初心者でも安心して取引できました。SBI証券へは野村證券の手数料が高いので乗り換えました。楽天証券へは手数料のことも多かったのですが、もともと楽天銀行に口座をもっており入出金が楽で手数料を気にしなくて良いのと投資信託もやっとり、配当金を楽天証券から自動的に楽天銀行で受け取ることが出来たりと大変便利なため今現在も利用しいます。

資金的には多くないため小額での利用となっています。そのため少ない配当金の受け取りが手数料なくもらえるのはうれしいです。今この証券会社・銀行のペアの関係に満足していますのでしばらくはこのまま使い続けたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>